岩垂徳行先生スペシャルインタビュー
「異議あり!」のフレーズでおなじみの逆転裁判シリーズ。
コスモスカイオーケストラ第6回定期演奏会では、
逆転裁判シリーズの作曲者である岩垂徳行先生が直々に編曲を手掛けた
『逆転裁判5 法廷組曲』を演奏します!

岩垂徳行先生

岩垂徳行(いわだれのりゆき)先生プロフィール

作曲・編曲家。長野県松本市出身在住。
大学在学中にほとんど独学で作曲の基礎を築き、4年間のバンド活動のあと本格的にゲームミュージックの作曲を始め、現在に至る。
年間100曲を越えるその楽曲は国内外で評価が高く、幅広い年齢層の共感と賞賛を得ている。

  • 1991年「LUNAR~The Silver Star」でメガドライブ部門最優秀音楽賞を受賞。
  • 1997年「グランディア」でサターン部門最優秀音楽賞を受賞。
  • 2000年「グランディア2」でドリームキャスト部門最優秀音楽賞受賞。
  • 2010年「LUNAR Silver Star Harmony」でRPGAMER BestMusic第2位を受賞。
  • 2012年、SEMO主催ののアワードで「新・光神話 パルテナの鏡」がベストスコア賞を、霜月はるか「零れる砂のアリア」(一部作曲、編曲)がベストアルバム賞を受賞。
    「LUNAR」シリーズ、「GRANDIA」シリーズをはじめ、近年の作曲・編曲作品としては、 「逆転裁判5」、「逆転検事」シリーズのほか、「新・光神話パルテナの鏡」、 恋愛SLG「アマガミ」、「フォトカノ」などがある。 また、「大乱闘スマッシュブラザースX」では、編曲を担当している。 その他、日本最大の大型テーマパークのパレード、ショー・イベント音楽や、ダンス、ミュージカルなどの舞台音楽、テレビ・ラジオの音楽など多方面に活動を展開している。
  • 2008年4月、9月には、逆転裁判オーケストラコンサートにて東京フィルと響宴。(全オーケストラアレンジ )
  • 2010年にパリで行われたJapan Expo 2010では、主賓ゲストとして、日本人のゲーム作曲家として初めてのライブを敢行。好評を博す。
  • 2012年ワールドクラスの“音楽体験”として、ボストンにて開催されたVideo Game Orchestraの演奏会にゲスト出演。グランディアより数曲を演奏。
  • 2013年にUSAで行われた第1回目のJapan Expo USAに出演。ライブ演奏などを行う。

*Game Symphony Japan 顧問
*エリシオン・フィルハーモニーオーケストラ ゲームミュージックスペシャルアドバイザー

Official Website
http://www5a.biglobe.ne.jp/~iwadare/ComeonEveryBody/Welcome.html

-『逆転裁判5 法廷組曲』の聞きどころを教えてください。

この組曲は「開廷」「尋問(モデラート)」「尋問(アレグロ)」「成歩堂~異議あり!」「追求」という5部の形式から成っています。
従来の法廷組曲には 「異議あり!」の曲は入れていなかったのですが、やはりゲームをやってみると、 この流れの方がより「逆転裁判」を再現出来るのではないかと思います。

それぞれに是非聞いて欲しいところは色々とあるのですが、 「開廷」では重厚な 和音を、「尋問」では対比するリズムを、 「異議あり!」ではソロバイオリンを、そして「追求」では熱いパッションを感じて欲しいのですが、 特に原曲にはない「唄」を聞いて欲しいですね。
この組曲の為に、逆転裁判5のディレクターの山﨑剛さんに休日を返上して歌詞を書いてもらいました。

もうひとつ、これは 見所ですが、奏者全員による「異議あり!」のポーズでしょうか。 是非会場も一体となってやって欲しいです。

 

-『逆転裁判5 法廷組曲』作曲の経緯を教えてください

コスモスカイ側から、逆転裁判5の曲をやりたい、という要望をまずいただきました。
昨年「パーフェクトワールド」という曲を初演してもらっている経緯もあり(*1)、 コスモスカイならきっと素晴らしい演奏をしてくれるだろうと、 スタッフと楽曲の調整などをしていましたが、 より逆転裁判5を表現するにはやはり法廷組曲だろうと僕の方で判断し、沖縄ゲームタクトで作った曲を多少手直しして、 より精度の上がった法廷組曲を演奏してもらいます。


(*1) パーフェクトワールド(『PerfectWorld ”ハイファンタジーMMORPG パーフェクト ワールド -完美世界-”』)
コスモスカイオーケストラ第5回定期演奏会にて、岩垂先生作曲/編曲によるメインテーマを演奏しました。
下記PerfectWorld×コスモスカイオーケストラ特設サイトより、演奏動画がご覧いただけます!
http://pw.mk-style.com/main/library/special/campaign/orchestra-movie/
-『逆転裁判5 法廷組曲』に含まれている曲以外に気に入ってる曲はありますか?

そうですねぇ、どの曲も思い出深いのですが、、、、
4部に分かれていますが、10分以上の大曲であるスタッフロールの曲は特に頑張った記憶があります。

- 逆転裁判5のゲームの魅力はどんなところだと思いますか?

キャラも面白いし、無茶な展開も面白いのですが、今回成歩堂くんの復活は嬉しいですよね。
やはり成歩堂くんが出て来るとお話も何故か面白くなります。

音楽面では、初めてストリームによる再生方式になりました。それまでは内蔵音源で、 これはこれで楽しいのですがなかなかスケールの大きな曲を書くのには手こずっていましたので、ストリームによる再生は僕としては嬉しいです。

あ、大事な事を忘れてました!映像が3Dになったんですよ。ムービーも入ったし!びっくりする進歩です。

- 逆転裁判5で好きなキャラクターは誰ですか?

テーマ曲も作らせてもらえたココネちゃんですね。動きが付いてさらに可愛くなりました。

- 楽曲製作の過程で苦心した点は?

曲数も多かったのですが、多分その3倍くらいの楽曲を作りながら、試しながら今作を作り上げています。
最後の方では3日で20曲近く作ったんじゃなかったっけ?なかなか出来ない曲もあったり、とにかく大変でした。

- 最後に、コスモスカイ第6回定期演奏会にご来場予定のお客様へのメッセージをお願いします!

是非「逆転裁判5」をプレイして、出来ればサントラも聴いていただいて、そしてこのコスモスカイの演奏を僕らと一緒に楽しんでください。

僕もとても楽しみにしています。会場でお会いしましょう~!!


【関連リンク】